■ Digital Monotone の
   トップページはコチラです。
   →Digital Monotone

2013年8月7日水曜日

たまには日記 20130807

2か月ほどミッチリと仕事をしていました。
どのくらいミッチリかというと朝5時から夜12時までデスクにかじりつき、食事やお風呂も適当にささっと済ます日々でした。
それだけの仕事を頂けるだけアリガタヤーと思いつつも、やはり疲れるわけです。

ということで、一生懸命がんばったご褒美に買っちゃいました。
Access VIRUS TI2 Polarです。
ソフトやガジェット系は相変わらずチョイチョイと買っていますが、鍵盤付きハードシンセ購入はV-SYNTH GT以来の久々です。

最近は今ならではのリアルアナログが流行で、VAはやや下火だし、VAも含めて多々所有してきて脳内リセットをかけるためにとにかくシンプルにした自分の環境ですが、V-SYNTH GTを使い込んで足りない部分はソフトシンセで~というのもそろそろ物足りなく感じていた事と、

色々と触ってきて自分には、どちらかというとある程度の整理された音が好き。

と感じたので、発売から数年が過ぎて後継機も出そうな雰囲気ですが、

今、欲しいものは、今、買うべし。

です。
VIRUS b、Indigo2と過去に所有してきてのTI2 Polarですが、パソコンとの親和性が高くなったり、Hyper SAW装備だったりと色々と進化しています。

音的にはbやIndigo2よりも高域から低域までの密度が濃くなった分、前バージョンの荒々しくトラックで映える感じが少し弱くなった印象です。

それでも、追加されたオシレーター波形や機能で音作りの幅はすごく広くなったと思います。

エフェクトも増えて若干ハイファイ寄りになったので調整は必要ですが、VIRUS b、Indigo2と作って移植してきたお気に入りパッチが、そのままTI2 Polarへも移植できたのは嬉しいかぎりです。

夏休みがとれたら今年は曲つくりに没頭したいなぁと思う猛暑な日常です。

0 件のコメント:

コメントを投稿